社会保険労務士の年収と法定業務

社会保険労務士の年収と法定業務

社会保険労務士の年収は?

社会保険労務士資格取得後の進路として、「開業社労士」になるか「企業内社労士」になるかで迷っている人のために、年収に関するデータをご紹介しましょう。


社労士

厚生労働省が実施している「賃金講座王基本統計調査」によると、社会保険労務士の平均年収は471万円でした。ここでの社会保険労務士とは「開業社労士」と考えていただいてかまいません。


さて、この「471万円」をどう捉えるかについては人それぞれだと思いますが、いくつか注意すべき点があります。
まず471万円という年収は、あくまでも平成23年度の額だということ。これは社会保険労務士に限ったことではありませんが、企業を相手にした士業の仕事は景気の影響を受けやすいため、年度によって年収に波がある傾向があります。事実、平成22年度の平均年収は約1.6倍の760万円でした。


もうひとつ注意すべき点は、あくまでも「平均年収」であるということ。つまり、みんながみんな450万円前後の年収というわけではなく、471万円をはるかに下回る年収しか稼げていない社会保険労務士もいれば、1000万円以上の年収を稼いでいる社会保険労務士もいます。


もしあなたが安定を望むのなら、断然「企業内社労士」の道を選ぶべきだと思います。しかし、もしあなたが自分の腕次第でバリバリと稼ぎたいのなら、やはり独立・開業という道は魅力ある選択肢だと思います。



年収をアップさせる方法

社会保険労務士には、法律で定められている3つの業務があります。具体的には、「申請書等の作成、申請書等の提出手続き代行、事務代理」(1号業務)、「帳簿書類の作成」(2号業務)、「相談・指導業務」(3号業務)の3つです。


このうち1号業務と2号業務は社会保険労務士の独占業務とされていて、資格を持たない者は行うことができません。そのため年収をアップさせるためには、この独占業務に注力すべきと考えてしまいがちなのですが、実際はその逆で、3号業務こそが年収アップの鍵を握っています。


単なる事務作業であるがゆえに差別化が難しく単価も安い1号・2号業務と違って、3号業務は付加価値を付けることができるので、サービス内容次第では高額な報酬も期待できます。


関連記事

  1. 社会保険労務士とダブルライセンス
  2. 社会保険労務士になるための手続き・なった後の進路
  3. 社会保険労務士になるまで
  4. 社会保険労務士の仕事と将来性