番外編2 独立開業という選択肢 

番外編2 独立開業という選択肢 

状況を良く考え、慎重に判断するのが得策


 これから社会保険労務士業界に飛び込もうとされている皆さんの中には、ただ漠然と
社会保険労務士の求人を探しながらも、頭の片隅には「独立開業」の選択肢を捨てきれずにいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしながら、「未経験のために自信がない」ということで、なかなか一歩踏み出せずにいらっしゃる方を何人も見てきました。

 私自身が開業しているわけではないので偉そうなことは言えませんが、もしも試験合格前の段階で「独立開業」に興味があるのなら、いっそのことそちらを視野に入れて、試験突破への原動力としてみるのも良いと思います。
もちろん、「実務経験のなさ」というのは大きな不安要素となるわけですが、最近では新規開業者向けに開業塾の類がたくさん開催されていますし(中には悪質なものもあるようですので注意が必要ですが・・・)、ネット上には行政からの情報提供がたくさんされている時代です。
経験はあとからついてくるものとして、まずは一歩踏み出してみると、意外にも上手くいくケースも多いのです

 試験合格後、社会保険労務士事務所の求人を見つけ、運良く採用されたとしても、そこで思うような修行が積めるとは限りません。また、必要な経験を積めたからといってすぐに「辞めます」は道徳的にどうなのかな、とも思います。
社会保険労務士事務所での仕事を通して得られることはもちろんたくさんあるとは思いますが、そう都合の良いことだけではありません。当初から独立・開業への意識が強いならば、ご自身で頑張ってみるというのも道のひとつです

 もちろん、社会保険労務士としての開業は、気軽に出来ることではありません。
ご自身の状況などに合わせ、しっかりと計画的にやっていく必要があります。
しかしながら、「経験がないから絶対に無理」と思い込むあまり諦めるのは、非常にもったいないことであるとも言えます。


関連記事

  1. 番外編1 ハローワークは要チェック
  2. その3 企業の人事総務で働く
  3. その2 年金事務所で働く
  4. その1 社会保険労務士事務所で働く
  5. 社会保険労務士の求人は意外と多い?!