その3 企業の人事総務で働く

その3 企業の人事総務で働く

勤務社労士として社内で活躍


 せっかく社会保険労務士の資格を取得したのに一般企業に就職、となるともしかしたら矛盾を感じるかたもいらっしゃるかもしれませんが、これも立派な社会保険労務士の働き方のひとつで、こちらは「勤務」として登録するやり方です。
仕事内容としては、会社内の手続き関係や労務関係の仕事を担うことになり、実質的には開業社会保険労務士とさほど変わりはありません。業務の取扱範囲が「社内」に限定されるだけのお話で、こちらも立派な社会保険労務士の活躍の仕方です。
しかしながら、「何としても社会保険労務士の求人を!」と躍起になっていると、なかなか盲点になりがちな選択肢であると言えるかもしれませんね。

 企業内で働く社会保険労務士の求人は、実は一般的な求人情報誌などでもよく目にすることがあります。「人事スタッフ」「総務スタッフ」などの募集記事に注目してみると、比較的早く見つかることでしょう。
ただし、その会社で「勤務」登録をさせてもらえるかどうかは事前にしっかりと確認するのが重要。採用後に、「うちは社会保険労務士を求めているわけではないから」と言われてしまったら、思うような活躍は見込めません。
勤務の場合、会社員としてのポジションを保ちながら社会保険労務士として登録ができるので、開業よりもリスクが少なく、安定した収入を得ることが出来ます。

 さて、このページでは「社会保険労務士資格取得後の転職」を前提に、勤務社労士としての働き方をご紹介しましたが、場合によっては何も新規に勤務社会保険労務士の求人を探さなくとも良い場合もあります。
それがどんなケースかと申しますと、「今働いている職場で勤務登録をする」という場合です。会社があって、人が雇われている状況であれば、そこには必ず社会保険労務士の活躍の場があります。アナタが今いる会社がもしも今現在、顧問料を支払って外部の社会保険労務士に業務委託をしているのであれば、それが社内で処理できるようになった方が断然スムーズになると言えますね。
ケースバイケースですが、資格取得後、交渉してみる価値は大いにあると言えそうです。


関連記事

  1. 番外編2 独立開業という選択肢 
  2. 番外編1 ハローワークは要チェック
  3. その2 年金事務所で働く
  4. その1 社会保険労務士事務所で働く
  5. 社会保険労務士の求人は意外と多い?!