「社会保険労務士試験は狭き門」の実態

「社会保険労務士試験は狭き門」の実態

合格率

社会保険労務士試験の合格率

「社会保険労務士試験は非常に狭き門」だと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?
社会保険労務士試験の難易度の実態を把握すべく、まずは試験の「合格率」に注目して見ていきたいと思います。


 

受験者数(人)

合格者数(人)

合格率(%)

平成15年度

51,689

4,770

9.2

平成16年度

51,493

4,850

9.4

平成17年度

48,120

4,286

8.9

平成18年度

46,016

3,925

8.5

平成19年度

45,221

4,801

10.6

平成20年度

47,568

3,574

7.5

平成21年度

52,983

4,019

7.6

平成22年度

55,445

4,790

8.6

平成23年度

53,392

3,855

7.2

平成24年度

51,960

3,650

7.0


以上が、直近10年間の社会保険労務士試験の合格率となります。

ここ10年間で見てみると、7~10%台の合格率で推移していることがわかりますが、前半の5年間と後半の5年間では、合格率の数字に若干の違いがあるようです。


具体的には、平成15~19年度の5年間の平均合格率が9.3%であるのに対して、平成20~24年度の5年間の平均合格率は7.6%で、1.5ポイント以上の開きがあります。

しかも、ここ2年間に限って言えば、合格率は7%台前半に止まっており、社会保険労務士試験は狭き門であると同時に、年々難化傾向にあると言っても良さそうです。


社会保険労務士試験の受験資格

社会保険労務士試験が本当に狭き門なのかどうかを考えるうえで、「合格率」とともにもうひとつ忘れてはならない事柄があります。それは、「受験資格」です。

具体的な内容については、試験概要に関してまとめたページをご覧いただきたいのですが、社会保険労務士試験には、学歴や実務経験に関する受験資格が定められています。

つまり、試験に合格できるか・できないかということ以前に、試験を受けることができるか・できないかという問題が立ちはだかり、受験資格を満たさない者は当然、門前払いされてしまいます。これもまた、社会保険労務士試験が狭き門であると言われる理由のひとつとなっています。


と同時に、受験資格が定められているということは、当たり前のことですが、社会保険労務士試験を受験できるのは一定の基準をクリアした人たちだけです。


たとえば同じ合格率が7%だったとしても、誰でも受験できるうちの7%と、基準をクリアした人たちの、さらにそのなかの7%ではどちらが難易度が高いかは、改めて言うまでもないでしょう。


関連記事

  1. 社会保険労務士と中小企業診断士の難易度比較
  2. 社会保険労務士と行政書士の難易度比較
  3. 出題形式による難易度の違い
  4. 試験科目による難易度の違い